看護師の夜勤の時間はつらい?実体験で語る2交代の夜勤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

看護師の仕事には、働き方にもよりますが夜勤があります。大体新卒で入職するような病院では夜勤があるところが多いと思います。また、看護師の仕事は夜勤しないと貧乏になると言われるくらい、夜勤手当がお給料に占める割合が大きいです。

今回は私が経験した夜勤が大体どんな時間の流れで進んでいったのか、どういうところがつらいかなどをお話ししたいと思います。今主流になりつつある2交代での夜勤について書いていきますね。

看護師の主な勤務ローテーション

1つ目の病院での夜勤は18時から翌日の930分まででした。勤務の時間でいうと、日勤が830分から17時まで、長日勤が830分から1945分まで、夜勤が18時から翌日の930分までという感じの勤務形態でした。

定番の勤務が日勤長日勤夜勤明けお休みという感じでした。

1つ目の病院は勤務開始時間にならないと電子カルテを開いてはいけないことになっていたため、大体1730分ごろに病棟に到着して、連絡事項などを見てから18時からその日の情報収集を開始していました。病棟の患者さんは40人ほどいて、夜勤は3人体制でした。全員が患者持ちをするので、一人156人を担当していました。情報収集に1時間ほどかかり、その間のナースコールなどは長日勤務の人が対応してくれていました。

勤務開始時間に情報収集をしなくてはいけない病院

情報収集が終わったら患者さんのお部屋に挨拶に行き、呼吸器などのついている人は前勤務者と2人で回ってダブルチェックをしていきます。そのあとに夜の検温に回ります。全員の検温が終わるのが2030分くらいで、ここから眠剤のある人は眠剤を用意します。

21時に消灯だったので、21時から22時の間に担当の患者の部屋に回って眠剤を配ったりおむつの交換をしたりして眠前のラウンドをします。全員の患者さんを回り終わったらいったんナースステーションに夜勤看護師が集合してリーダー看護師に状態を報告するのもかねて、情報共有を行います。

この情報共有が終わるのが大体23時頃なのでそこから一人30分ずつ夜ご飯休憩に入ります。病棟が落ち着いていれば一度に2人が入ることもあります。でもなかなか2人が同時に入れるときはないですけどね。そのあとはリーダーが患者さんの抗生剤の時間とかも考慮して一人1時間ずつ仮眠休憩の時間を割り振ってくれます。その時間までは患者さんの記録を入れていきます。

最近は記録量がどんどん増えているので、「転倒転落に関する記録」「せん妄の評価の記録」「処置伝票」等いれないといけない記録がたくさんあります。これらを入れないとちゃんと評価をしていないことになり上の人から指摘を受けたりします。ほかにもやることはあって、次の日に検査があれば採血や検尿などの準備、看護師管理の患者さんの朝のお薬のセットなどもしていきます。

患者さんが寝ている夜の内にやっておかないと朝に準備する時間はないのでやっていきます。夜のうちに病棟内の掃除もしないといけなかったので順番に掃除もしていきます。これらを夜のうちにやらないといけないため、不穏の患者さんがいてナースコールがなりまくる夜などは仮眠休憩なんて入れないことも多々あります。余裕があるときはそれぞれ係の仕事などもしているときがあります。

夜勤翌朝の主な業務

朝は大体5時ごろから採血などに回り始めます。本当は6時頃から回り始めるのがいいことはわかっていますが、明けの日が月曜日だったりすると採血が全員という事が多いので、朝早くから回り始めます。そうしないと、朝ごはんの時間馬に終わらなかったりするので、患者さんに申し訳ないですが早朝から採血をさせてもらいます。必要な人には朝から検温もしていきます。

1つ目の病院は朝ごはんが早かったので7時頃には朝食が届いて配って回ります。自分で歩ける人には採血の時に体重を図りに行ってくださいと声をかけます。しかし、病室から出られない方には朝食を渡す前に病室に持っていける体重計を持っていって測定してから朝食を渡します。

食前に血糖測定のあるかたは測っているか、インスリンの投与の必要のある人は投与しているかを確認したうえで配ります。このころには患者さんも起きだしてくるのでトイレコールが頻回になるようになります。夜勤は3人しかおらず、トイレコールに対応しながら配っていくので回り終わるのが8時過ぎくらいになることもありました。

食事介助が必要な人は全員くばり終わってから食事介助に入ります。これもかなりの数がいるのでナースコールを取りながら食事介助します。また、車いすに座れる人は座ってもらってナースステーションにまで連れてきて、一人が食事介助専属みたいになって食事介助をしていきます。

食事が終わったら下膳しながら口腔ケアをしていきます。自分でできる人はいいのですが歯ブラシセットをセッティングする人はセットして磨き終わったころに片づけ、呼吸器のついている人は吸引機を使っての口腔ケアをしていきます。経管栄養の人もそれぞれの状態に合わせた口腔ケアをしていきます。この後で一番大変なのがトイレコールでもお通じの人が多くなります。生理現象なので仕方がないのもわかりますがほんとに食後にこのコールがすごくなります。

間に合わなかった方とかは最悪で後処理にすごく時間がかかるし、あまりにも重なると「朝から何を私はやっているのかなー」と思ってしまう時もありました。これらに対応しているうちにすぐに9時頃の日勤への引継ぎの時間が来てしまいます。この引継ぎを早めにしないと日勤さんは仕事に取り掛かれないし、夜勤も自分の仕事が終わらないので、いつもやることが残っていても早めに先に引継ぎをするようにしていました。引継ぎが終わった後も終わりではなく、朝の薬を配って回ります。食事の早い人とかは早めに配ってしまいますが、遅い人とか介助の必要な人にはこれくらいの時間になってしまいます。薬も飲ませ終わるのが930分ごろなので、そのあとは朝の記録に移ります。

朝にトイレ介助、口腔ケアをした人にはその記録、朝食の量の入力、薬の入力、体重の入力などを行っていきます。これらがおわるのが大体1030分くらいで勤務終了となっていました。

勤務開始前に情報収集を済ませなければいけない病院

2つ目の病院は日勤が830分から17時、夜勤が1630分から翌日の9時まででした。2つ目の病院は勤務開始前に情報収集を済ませたうえで勤務開始することが当たり前の病院だったので、大体1時間から1時間30分前には病棟にいって情報収集を始めていました。

なので実質は、夜勤は15時から翌日の9時までという感じでした。情報がとり終わって余裕があれば夜の薬と翌日の朝の薬をセットしたりしていました。病棟の患者さんの人数は44人で、夜勤の人数は3人でした。1人がフリーで残り2人がそれぞれ22人ずつ担当していました。フリーの人は主にナースコールに対応してくれたり、点滴の準備をしてくれます。部屋持ちの人は検温に回ったり薬を配ったりしていました。

ここでも夜の内にしないといけない24時締めの記録が多かったので「転倒転落の記録」「せん妄の評価の記録」「看護必要度」「処置伝票」などを入力していきます。ここでは前勤務者からの一人ひとりの申し送りはなく、17時頃に日勤のリーダーさんから夜勤者3人に対して申し送りがあり、そのあとに病室を一つずつ回ってウォーキングカンファレンスをしていました。

これらが終わるのが18時頃なのでそのころに助手さんが夕食を配ってくれて下膳もしてくれました。前の病院では助手さんがいなかったので、ほんとにたすかりました。そのあとは眠剤の必要がある人には眠剤を配っていきます。介助が必要な人には飲んでもらって21時頃に消灯していきます。リーダーさんが夜勤休憩を割り振ってくれるので1時間ずつ休憩に入っていきます。ここでは看護師の夕食の時間はないので夕食はとらなかったり、夜食として仮眠休憩の時に食べたり、夜勤が始まる前に何かを食べたりしていました。22人も担当していて記録の量も多いのでここでも仮眠は取れないことの方が多かったです。

持続点滴は0時で更新するというルールもあったので夜中に担当の患者さんの点滴も更新していきます。朝の5時には患者さんのおむつラウンドがあります。看護師3人で患者さん一人ずつおむつが汚染されていないか、尿器に尿がたまっていないかを見ていきます。

それが終わったら6時ごろから採血に回ります。血糖測定などもこの時にしていきます。ここでは朝食が届くのが遅いので8時ごろに届きます。このころには早出の看護助手さんが来てくれているので、配膳はお願いしていました。介助の必要な人はここでも車いすに乗れる人には乗ってもらってナースステーションに集まってもらってフリーさんが介助していきます。残り2人でナースコールをとりながら朝の記録をしていきます。各患者に必ず一つは夜勤中の記録を書かないといけないため22人分書くのはかなりの時間がかかりました。状態が変わっていなくても、変わっていないという記録を入れないといけないので大変でした。

食事が終わっている人がいたら薬を配って飲んでもらっていきます。認知症とかの高齢者の方が多いと看護師配薬の人も多いため、これも時間がかかります。患者さんが薬を落としたりするとさらに時間がかかるのでちゃんと飲んでいるか一人ずつ確認していきました。朝の日勤者への申し送りはナースステーションにあつまって全体に向けて患者さんの状態を伝えていくので個別にはないです。自分が担当していた22人の患者さんの状態を一人ずつ言っていきます。

細かい検査の指示や日勤帯でやってほしいことは日勤リーダーに申し送って、日勤リーダーから各担当者に伝えてもらうようになっていました。大体すべてが終わるのが10時くらいで勤務終了になります。

夜勤でのラウンド

2つの病院ともこのやることに追加で2時間毎の患者さんのラウンドがあります。患者さんの生存確認と脱走していないかもちゃんと見ていきます。たまに認知症の患者さんとかだとベッドにいない!!ということになったりすることもほんとにあります。

またナースステーションではモニター心電図を装着している人のモニター監視も24時間行っています。急変などが起こっても3人しかいないため、必死で救命処置をします。ほんとに汗だくです。その患者さんだけでなく、他の患者さんの安全も守らないといけないので休憩する間もなく動き続けないといけないです。医師も夜間帯は当直の先生しかいないのですぐにお薬が届かなかったり先生が来てくれなかったりすることもあります。

昼間と違ってやることは少なくなりますがその分何かあっても3人しかいないので怖いところもあります。やることが少ないといってもその分かなりの人数の患者さんを担当しているので終わりきらないほど仕事はあります。私が経験したのはどちらも急性期病棟だったため、患者さんの入れ替わりも激しいし術後の患者さんなどでは重症度も高かったです。その割には看護師の人数は慢性期病棟と同じだったので本当に忙しいです。

夜勤の拘束時間が長い

私が夜勤をしていて特につらいと感じることは長時間休憩なしで働き続けないといけないことです。労働条件のところに仮眠休憩1時間あり、などと書かれていますが、取れないことの方が多いです。それに日勤とは違い16時間とか寝ずに動き続けるために明けの日にはほんとに疲れます。

2つ目の病院では情報収集も先にしておかないといけなかったので最初の1時間30分ほどは給料にも反映されません。だからといってしなければ仕事にならないので、これもおかしいことだなと思います。夜勤は月に4回が平均ですが、4月とか新人さんがきて人でが足りないときは月に5回から6回入ったりすることもあります。

夜勤が平気な人もいますが、私は夜勤専従をした時には体のリズムがおかしくなって肌荒れを起こしたり、常に眠いような状態が続いたりして、私にはこの生活は合わないなと思いました。体のリズムがおかしくなってくることを実感しました。若い時はいいですが、私は、夜勤は長く続けられないなと思いました。

ただ、夜勤手当がつくのでお金がほしい人で夜勤の生活が体に合う人には夜勤専属で勤務するのはありだと思います。夜勤手当がないと看護師の給料は一般職の人とそんなに変わらないので、夜勤手当は大きい収入源になると思います。

また、患者担当が多いわりにやることが多いことです。しかも夜は患者さんも休まれるため寝る前と朝に集中してやることが重なってきます。その時は本当に記憶がなくなるくらい忙しくて正直何をやっていたのか分からなくなる時もあります。いろんなことを同時並行で考えながら夜に寝ていない頭で考えてやるので、ミスを起こさないように細心の注意を払わなければなりません。特に薬に関わることは怖いですね。ずっと気を張りつめて働かなければなりません。やることが多いうえに患者さんからのナースコールが多いと本当にイライラしてしまいます。患者さんが、用事があって呼んでいるのはわかっているしできないところは介助しないといけないこともわかっていますが、イライラしてしまう自分のことも嫌になってしまう時もありました。

後一人くらい夜勤の看護師を増やしてくれるとそれだけでも助かりますが、なかなか人数は増やしてくれないですね。これだけの長時間忙しく働き続けると勤務終了後はかえってすぐ寝てしまうことが多かったです。そのまま次の日まで寝続けることもありました。

子育てと両立の場合は急性期病院は避けるべし

しかも一般職と違って土日は必ず連休がとれるわけでもなく、明けの日の後は1日しか休みがなかったりもします。そうなると寝ているだけで一日が終わってあまり休んだ気にもなれないです。疲れがとれず、体のリズムも乱れたまま次の勤務に出勤しないといけないので体にかかる負担も重くなります。

プライベートの時間も十分に取れないなと感じることも多かったです。独身の頃で自由がきくときはいいですが、結婚して子供ができてということを考えると家に帰ってから家事をすることはしんどいと思います。私はとてもじゃないですができないと思います。結婚して子供ができたら急性期病院は退職して慢性期病院のゆったりしたところに職場を変えるか、時短勤務などの制度を利用して夜勤は免除してもらうようにしないと家庭と仕事の両立は難しいと思います。実際に病棟にも結婚している人は少ないですし、結婚して子供がいる人は時短勤務で夜勤をしていない人がほとんどです。

今は夫婦そろって共働きが普通ですが、女性が多い職場で本来は理解がないといけないところなのに、両立できるようにする配慮が少なく働き続けられないことは、おかしなことだなと日々感じています。病棟の雰囲気も病院によるとは思いますが、夜勤をしないからといって嫌味を言う先輩がいたりする病棟もあるみたいです。

もう少し夜勤前の前超勤を減らすように配慮をするとか、夜勤ですることを減らしてくれればもう少し働きやすく、夜勤の負担も減るのではないかなと感じています。

夜勤中の急変 

ほかにつらいと思うことは、急変が起こった時に怖いということです。これは初めて夜勤に入った新人さんたちも思うことではないかなと思います。急変が起こっても看護師は3人しかいないし、医師も当直医しかいません。

そんなときに術後などで状態が落ち着いていない患者さんを担当していると、その恐怖は強くなると思います。相談しやすい先輩がいればいいですが、怒られるかもと思い相談しにくい先輩だと、相談もしにくく異常の早期発見も難しくなるかもしれません。精神的な負担もすごく重いと思います。命を預かる現場だから当然といえば当然ですが、そのスタッフを支援する体制が十分でないところもあると思います。

教育が十分行き届いていないまま、スタッフの数が少ないからという理由で夜勤に早く入れられると、本当につらい状態になると思います。既卒の看護師であれば転職した後等できると思われて特にそのような状態になりやすいと思います。

新人への教育体制だけでなく、中途採用者に対してもどのような教育がされているのか、できるだろうという推測で早くから夜勤に入れられるようなことがないのかということは転職の際には調べた方がいいかなと私の経験から思いました。夜勤は日勤と違って人数が少ない分一人にかかる負担がとても大きいということも、病院を変わって改めて感じました。

まとめ

看護師の夜勤の仕事は精神的にも身体的にも負担が大きいと感じています。看護師が高給取りと言われる理由も夜勤にあるとは思いますが、それ以上に犠牲にしているものも大きいと思います。看護師になろうと思った人は責任感が強くまじめな人が多いといわれますが、だからこそこれだけしんどい仕事でも文句を言わず行って、超過勤務も申請もできないまましている人も多いと思います。

私も自分が夜勤をしていて、自分が病気になるだろうなと思うこともあります。今後ライフスタイルが変化すれば今と同じように夜勤もこなすことができる自信は正直ありません。

だけど看護師の仕事は好きなので、その時に合わせて働き方も考えていく必要があると感じています。病院によってはそれぞれの生活に合わせて配慮してくれるところもあると思います。

夜勤は夜も長時間拘束されます。自分の生活のことや体の状態のことも考えながら勤務形態は考えてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る