看護師さんに必要なグッズとあれば仕事が捗るオススメグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは仕事で着用する白衣のポケットに、どのようなものを入れていますか?ボールペンやメモ帳以外に、看護師の仕事をする上で欠かすことのできないグッズがたくさんありますよね。常にポケットがパンパンになっているという方も多いのではないでしょうか。私自身、白衣のポケットにはいろんなものが入っており、よく患者さんに「ポケット、何が入っているの?」と言われたりしました。

仕事を行う上で必要不可欠なグッズや、あったら便利なグッズ、新人看護師にオススメのグッズなどを紹介します。皆さんのポケットには何が入っていますか?

【必要不可欠なグッズ】

まず、看護師の仕事を行う上で必要不可欠なナースグッズを見ていきましょう。皆さんはもちろん使用していますよね。

ガード付きのはさみ

ガーゼを切るときやサージカルテープを切るとき、患者さんの退院時にネームバンドを切るときなど、はさみを使用する場面は非常に多いと思います。そのため、皆さんも必ずポケットに入れているのではないでしょうか。市販のはさみを使用している方もいると思いますが、患者さんの肌を傷つけないために刃先にガードがついた、看護師専用のはさみを使用している方が多いと思います。

特に、最近のガード付きはさみにはバンジーストラップが付属のものが多いですよね。看護師はみんな同じようなはさみを使用しているため、紛失を防ぐことができますし、誤って患者さんの上に落とすことを防ぐことにもつながります。

じつは、看護師専用のガード付きのはさみは、テープの粘着をつきにくくする「フッ素コート加工」がされているということをご存知でしょうか。テープを着る回数が多いので、加工されていると非常に便利ですよね。

ナースウォッチ

処置を行う際や点滴の速度を計算するとき、時間薬を行うときなどに時計を使う機会が多いですよね。病棟や詰め所に時計がおいてあることが多いと思いますが、時間の確認を行う際にイチイチ見に行くことはできません。そのため、皆さんも秒針付きの時計を着用しているのではないでしょうか。

手を洗い消毒をする機会の多い看護師は、腕時計を禁止されていることも多いです。そのため、ナースウォッチをお使用している方も多いのではないでしょうか。ストラップで白衣に固定できますし、最近は暗いところでも文字盤が見えるものもあります。

ペンケース

白衣のポケットに必要なものを詰め込んでしまい、必要なものを必要な時に取り出すことができないという状況もあるのではないでしょうか。このような状況を改善するためにオススメのグッズが「ポケット用のペンケース」です。ポケットの中をいくつかに仕切ることができ、ポケットの中がぐちゃぐちゃになるのを防ぐことができます。

シンプルなものやかわいらしいデザインのもの、スリムタイプ、ベルト付きのタイプなど種類が豊富ですので、いろいろな通販サイトを比較してみましょう。

印鑑

提出書類やカルテ、訂正印、出勤簿など、印鑑を必要とする機会はたくさんあります。100円ショップでも販売されていますが、朱肉が必要なタイプやキャップを付けはずししないといけないタイプであるため、できれば通販サイトで購入するようにしましょう。通販サイトでもキャップを付けはずししなければならないタイプが多くありますが、ポケットの中でキャップが外れ、ポケット内部が赤くなってしまうことがあります。

私がおススメするのは、ワンタッチでキャップがあくものや、キャップレスのタイプです。片手ですぐに押すことができるので便利ですよ。

紙カルテを採用している病院の場合、印面サイズが径9㎜程度と径5㎜程度の2種類がついているツインタイプを購入したほうがいいですよ。

スケールつき定規

患者さんの創部のサイズを図るときや熱計表を記入するときなど、仕事中に定規を使用することがけっこうあります。そのため、ポケットに定規があると非常に便利です。看護師の通販サイトで販売されている定規には瞳孔のスケールやJCS・GCSの評価法がついたものなど、看護師ならではのスケールがプリントされているものもあります。文具店で購入できる定規よりも、スケール付きのもののほうがいいでしょう。

アルコール綿・ガーゼ

患者さんに使用した物品を拭くときや点滴をロックするとき、吸引などの処置を行ったときなど、アルコール綿を使用する機会は非常に多いですよね。病院には、個別包装のアルコール綿と、複数のアルコール綿が一緒のケースに入ったタイプの2種類がおかれていると思います。

処置の際にアルコール綿が必要な患者さんのベッドサイドには、複数のアルコール綿が入ったタイプがおかれていると思いますが、急に処置が必要となった患者さんの元にはおいてありません。緊急時にもすぐに使用できるよう、個別包装のアルコール綿をポケットに入れている方は多いのではないでしょうか。

私は胸ポケットに、常に10枚くらいは入れていました。

また、術後の傷等がある患者さんに対して、ガーゼを使用する機会は多いですよね。できれば、2種類くらいのサイズの個別包装の滅菌ガーゼを何枚かポケットに入れておきましょう。

【あれば便利なグッズ】

タイマー

仕事中は、一人の患者さんに付きっ切りということはありませんよね。一人で何人もの患者さんを担当しますし、処置の合間にナースコールの対応をすることもあります。また、時間薬や時間指定の点滴、輸血の観察など、時間が決まっている処置もありますよね。

しかし、他の業務を行っていると、つい予定の時間を忘れてしまうことがあります。そんな時にタイマーは非常に便利です。「あと5分で点滴」というときも、いちいち時計を確認せずにタイマーをセットしておけば遅れることはありません。また、忘れることを防止するにも役立ちます。

通販サイトでも販売していますが、私の場合はキッチン用で十分でした。先輩看護師は、長いひも付きのタイマーをタスキのようにして携帯していました。できれば電卓やカウントアップ機能もついているものが便利ですよ。

ノック式油性ペン

点滴のラベルに時間を記載したりビニールテープに患者名を記入したり…と、何かと油性ペンを使用する機会があります。ポケットの中に皆さんも1本は油性ペンを入れているのではないでしょうか。

しかし、業務中に何かの拍子にポケットの中でキャップが外れているという状況が発生しませんか?私自身何度か経験があるのですが、仕事中に気が付いたらポケットの中がインクまみれ…。しかも、油性ペンですので洗濯に出しても取れないですよね。

このような経験をしたことがある方は、ぜひノック式の油性ペンを使用してはいかがでしょうか。同期の看護師が使用しているのを見て、私も使用していました。ポケットの中でキャップが開くことがなく、片手で使用できるのでオススメです。

通販サイトによっては黒以外に青や赤など5色セットで少しお得に販売されていることがありますが、黒だけでいいと思います。

点滴早見表・輸液タイマー

業務に慣れてくれば、点滴の滴下数は計算をしなくてもわかるようになってきますよね。しかし、業務に慣れるまでは、点滴開始前に計算が必須なのではないでしょうか。

慣れるまでは、点滴の早見表を利用してみてはいかがですか?通販サイトで比較的安い金額で販売されています。また、自分であらかじめ様々な場合を想定して計算しておいてもいいかもしれません。

私が勤務していた病院には、輸液タイマーというものがありました。点滴の総量と使用するルートの1ml当たりの滴下数を入力すれば、適切な摘加速度で音が鳴るというものです。夜勤中は音がなると迷惑ですので、光が点滅して摘加速度を教えてくれます。

慣れるまでは、このような物品を使用してもいいかもしれませんね。

駆血帯

採血をするときやルートを確保するときに、駆血帯を使用しますよね。病院には必ずおいてありますが、他の看護師が使用中で自分が使いたいときに使えなかったということはありませんか?

自分専用の駆血帯を用意してはいかがでしょうか。通販サイトにはピンクや黄色など多くの色がありますし、ノンラテックス性のものやワンタッチ式のものなど、多くの種類があります。1,000円前後で購入することができますので、他の商品を買うときに一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

【新人看護師に絶対に必要なグッズ】

現在看護学生の皆さんは、就職の際に以下のグッズをそろえるようにしておきましょう。学校によっては、実習開始前や卒業時に教師がプレゼントしてくれることもあります。卒業した先輩に知っている人がいれば、どのようなグッズを教師がプレゼントしてくれたか聞いておくようにしましょう。

3色ボールペン

カルテを記載するときやメモを取るとき、検温の時などに絶対必要です。紙カルテの病院に就職する場合は、黒・青・赤の3色ボールペンを購入しておきましょう。仕事中に亡くなることも多いので、常に3本程度は持ち歩いたほうがいいかもしれません。

ガード付きはさみ

はさみも使用頻度が非常に高いです。サージカルテープを切るときなど以外にも、患者さんに「これ切って」と言われることもあります。ガード付きのはさみを用意するようにしましょう。最近は様々な色のはさみが増えていますので、お気に入りの色を探してくださいね。

メモ帳

仕事に慣れるまでは、先輩から指導を受けることや業務に関して教わることなどが非常に多いです。言われたことをいつでも確認できるよう、ポケットサイズのメモ帳を用意するようにしましょう。

印鑑

紙カルテや出勤簿、有給届など、様々なものに印鑑を押す機会があります。シャチハタタイプの印鑑を用意しておきましょう。100円ショップにも印鑑が販売されていますが、キャップを外さなくても使うことができるタイプをオススメします。

ナースウォッチ

看護師の仕事は時間管理が重要となります。自分の時計があれば常に時間を確認しながら働くことができます。腕時計よりもストラップ付の時計を選んだほうがいいでしょう。

聴診器

病棟にも予備があると思いますが、安いものの場合は音が聞き取りにくいこともあります。また、毎日何度も使用するものですので、自分の聴診器があったほうがいいでしょう。学生時代に購入している方が多いと思いますが、就職を機に少しいいものを購入しませんか?

オススメはリットマンです。値段は10,000円以上しますが音が聞きやすいですし、破損しても変えのパーツが販売されています。

【ナースグッズを販売しているサイト】

ナースグッズを販売しているサイトはたくさんあります。どのような特徴があるのか見ていきましょう。

アンファミエ

URL:http://www.lemoir.com/top/nurseTop.jsp

ナースグッズやナースシューズなど、ランキング形式で紹介されていますので、どのような商品が人気なのか一目でわかります。5,000円以上で送料無料となり、3,000円以上でリップクリームや靴下などの粗品がプレゼントされます。また、一度にたくさんの商品をまとめて購入すると、金額に応じて割引もあるのでおとくですね。

ピュアナース

URL:http://www.purenurse.com/

ナース専科の公式通販サイトです。買い物をするとポイントがたまりますが、通常の買い物で1%以上、書籍購入で5%以上のポイントが還元されます。ポイントは1ポイント1円で称することができます。また、まとめ買いを行うと最大で10%Offとなります。

ナースリー

URL:https://www.nursery.co.jp/

税込で5,400円以上購入すると送料が無料となります。また、買い物金額によって、最大で15%割引となるので非常にお得です。色やサイズが合わなかった場合、無料で交換してくれるサービスもあります。また、ものによって金額は異なりますが、衣類には裾上げや刺しゅう、聴診器や印鑑には名前やメッセージの刻印もしてもらえます。

【まとめ】

看護師の仕事に必要なグッズについて紹介しました。皆さんのポケットの中にも、必ずと言っていいほど入っているのではないでしょうか。文具店や100円ショップで購入できるものも多くありますが、せっかくなので看護師専用のものをそろえてもいいかもしれませんね。

現在、たくさんの看護師通販サイトがあります。継続して利用することでポイントをためることができたり、定期的にクーポンが発行されることもあります。お気に入りの通販サイトを探してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る