認定看護師の給料って?認定看護師の仕事内容や給料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分の知識・技術の向上や、患者さんに対してより良い看護を提供するために、認定看護師の資格取得を目指している方はたくさんいます。皆さんの中にも、認定看護師の資格取得を考えたことがある方もいるかもしれません。

認定看護師の資格を取得すると、患者さんへ提供する看護の幅が広がったり、認定看護師専門外来を開設できるなど、仕事は大変ですが非常にやりがいを感じることができます。

認定看護師になると給料がどうなるのか、認定看護師になるために必要な費用などを見ていきましょう。

【看護師の給料】

看護師は、一般的には給料が高いといわれていますよね。認定看護師の給料を見る前に、看護師の一般的な給料についてみてみましょう。

日本看護協会が行った調査によると、フルタイム勤務の正規職員の看護師について、非管理職の2013年1月支給分の賃金額の平均は、給与月総額35万2.157円、基本給月額25万4,583円(平均年齢36.1歳)であったということが分かりました。中間管理職(主任以上)では、給与月総額43万1,338円、基本給月額32万2,786円(平均年齢46.5歳)であり、管理職(副看護部長以上)では、給与月総額49万4,933円、基本給月総額37万983円(平均年齢53.7歳)ということもわかりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 8ページ目

多くの病院では、勤続年数や病院独自の賃金表をもとに、給料が定められていると思います。皆さんの給料は、平均と比べてどうですか?満足しているでしょうか。

給与総月額に対する全体としての満足度は、「満足」と回答した者が4.4%と非常に少なく、「やや満足」21.1%であり、「やや不満」31.9%、「不満」34.9%となっており、不満に感じている方のほうが多いということが分かりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 23ページ目

皆さんの中にも、いただいている給料に不満を感じている方がいるかもしれません。中には、給料に不満を感じ、転職を検討したことのある方もいるのではないでしょうか。先ほど記載した給料の平均額は病院です。もちろん、施設ごとに平均給料は異なります。問看護師の場合、2014年6月~7月にかけて行われた調査によると、「フルタイム勤務正職員」の平均給与月月額33万7、942円(平均年齢46.9歳、平均勤続年数8.3年)、「その他の職員」は平均給与月額22万9,814円(平均年齢49.2歳、平均勤続年数8.6年)ということが分かりました。

出典:2014年 訪問看護実態調査 報告書 41ページ目

また、高齢者ケア施設(老健・特養・グループホーム)に勤務する看護師の給料を調査した結果によると、平成24年7月の給与が月給制であると回答した人の基本給の平均は、およそ265,006円、総支給額の平均はおよそ343,414円であり、総支給額の施設別平均を見ると、老健が348,415円と最も多いということが分かりました。

出典:平成24年度 高齢者ケア施設で働く看護職員の実態調査 報告書 62ページ目

病院、訪問看護師、高齢者ケア施設で働く看護師の平均月収を紹介しました。皆さんは、平均月収と比較してどうでしょうか。

【認定看護師の給料】

では、認定看護師の給料はどうなのか見ていきましょう。

皆さんは、認定看護師の資格を取得すると、給料はどうなると思いますか?ほとんどの方が、「認定看護師の資格を取得すると給料は増える」と思っているのではないでしょうか。

実は、認定看護師の資格を取得しても、あまりおおきく給料が増えることがありません。先ほど、多くの病院で給料は賃金票をもとに決められていると書きました。しかし、過去に行われた調査によると、認定看護師の基本給の評価方法、および手当に関する設問に回答した病について認定看護師の基本給の評価は、「賃金表では特別な評価をしていない」と回答した病院が、76.8%と最も多く、その他は「スタッフより上位の職種(主任や看護師長等)の賃金表で評価をしている」は7.8%、「非管理職のスタッフと同じ賃金表で等級を上げる評価をしている」5.4%、「非管理職のスタッフと同じ賃金表で号棒を上げる評価をしている」4.3%ということが分かりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 108ページ目

ほとんどの病院で、基本給に関しては特別な評価を行っていないということが分かりますよね。基本給の金額は毎月の給料だけでなく、ボーナスにも影響します。そのため、認定看護師の資格を取得しても、ボーナスも変化しないということになるのではないでしょうか。

しかし、給料が全く変化しないというわけではありません。基本給に変化はなかったとしても、「認定看護師手当」を支給している病院もあるのです。

【認定看護師手当】

病院によっては、何か看護師としての勤務に役にたつ資格を取得することで、毎月の給料に加えて手当が支給されることがあります。その中で、「認定看護師手当」を支給している病院もあるのです。

認定看護師手当についての調査を行った結果によると、認定看護師手当の有無は、「ある」と回答した病院が30.1%であり、「ない」と回答した病院は69.9%ということが分かりました。また、認定看護師手当の平均は、11.0006円ということもわかりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 109ページ目

約30%の病院で、認定看護師手当が支給されているのですね。毎月一定額の給料が増えるとうれしいのではないでしょうか。

しかし、約70%の病院では認定看護師手当の支給がありません。このような病院の中には、認定看護師手当の支給がなかったとしても、認定看護師の資格を取得することができた段階で「お祝い金」を頂くことのできる病院もあります。

給料をアップさせるために認定看護師の資格取得を目指している方は、「賃金表での評価の有無」や「認定看護師手当の有無」、「認定看護師手当の支給額」までしっかりと確認しておくようにしましょう。

【認定看護師の資格を取得することで考えられる、給料面でのデメリット】

賃金表での評価や、認定看護師手当が支給されると、非管理職の看護師の時よりも給料が高くなるように感じますよね。しかし、必ず給料が上がるとは限りません。

私たち看護師の給料ですが、基本給はそんなに高くありませんよね。上でも書きましたが、フルタイムで勤務している看護師の基本給月額の平均は25万4,583円(平均年齢36.1歳)です。そして、給与月総額の平均は35万2,157円ですので、基本給と給与総月額の差は約10万円も開いているのです。ここまで差が開く大きな要因には、「残業代」と「夜勤手当」の2種類があります。残業が多い時や夜勤の回数が多い時は、給料が増えますよね。夜勤手当の支給額についての調査結果によると、三交代制準夜勤の手当額の平均は3,812円、三交代制新夜勤の手当額の平均は4,635円、二交代制夜勤の手当額の平均は10,119円ということが分かりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 87ページ目

夜勤の回数が多くなればなるほど、給料は多くなりますよね。夜勤の回数を調査によると、三交代勤務の1か月の平均夜勤回数は7.68日、二交代勤務の1か月の平均夜勤回数は4.07回、ICUの1か月の平均夜勤回数は12回という結果が出ています。

出典:2014年 夜勤実態調査 12ページ目 13ページ目

認定看護師の資格を取得すると、資格を有効に活用できるようにするために夜勤の回数が減ることや、夜勤が完全に免除となることがあります。夜勤回数が1回減るだけでも、給料は大きくさがりますよね。また、夜勤が完全に免除となってしまうと、1月あたり5万円近く給料が下がってしまいます。

夜勤回数が減ることや完全に免除となることは、生活リズムを整えることができたり、ストレスの緩和にもなるためメリットが大きいですが、給料が大きく下がるというデメリットにつながることもあります。

【認定看護師の資格を取得するために必要な費用】

認定看護師になるためには、とてもお金がかかるということをご存知でしょうか。研修を受けるためにお金が必要なことはもちろんですが、そのほかにもお金はかかります。

まず、研修費用についてみていきましょう。研修内容は、①共通科目、②専門基礎科目と専門科目、学内演習および臨地実習の3種類があります。

  1. 共通科目(105時間以上)

認定看護師を目指す方全員が必須の研修です。看護管理やリーダーシップ、情報管理など、多くの項目について学びます。

  1. 専門基礎科目と専門科目(時間規定なし)

21種類の各専門分野によって、時間数や講義内容は異なります。集中ケア看護の場合は120時間(+30時間)、皮膚・排泄ケアの場合は150時間、認知症看護の場合は135時間(+15時間)など。

  1. 学内演習および臨地実習(200時間以上)

合計で615時間以上の研修に参加することが必要で、半年間にわたって行われます。すべての研修が日中に行われるため、この間は仕事を行うことができません。病院によっては、認定看護師の資格取得のために研修に参加している間、給料の全額または一部が支払われます。しかし、中には研修中は休職扱いとなり、給料が全く支給されない病院もあります。しかし、研修に参加するためには多額の費用が必要です。入学検定料と入学金あわせて約10万円(受講する教育機関によって異なる)、授業料約80万円(受講する教育機関によってことなる。授業料の中に実習費用が含まれていないこともある)の約100万円もの費用が必要となります。

また、研修を受ける場所は認定看護師の資格ごとに異なりますが、すべての都道府県で研修が開催されるわけではありません。皮膚・排泄ケアは北海道、東京都、愛知県、京都府、福岡県、宮崎県の7都道府県で開催されていますが、がん性疼痛看護に関しては愛知県の一か所のみです。自分が住んでいる場所の近くに研修の開催場所があればいいのですが、遠い場合がほとんどでないでしょうか。自宅から通うことができない場合、ホテルに宿泊することやマンスリーマンションを借りなければなりません。また、中には期間限定で引っ越しを行う方もいます。また、当然ですが交通費も自己負担となります。これらの費用だけでも約100万円近くの出費となるのではないでしょうか。

もちろん、研修を受けている期間の生活費も必要ですし、受講を受ける際はノートパソコンが必須ですのでノートパソコンを持っていない方は購入費用、レポートはすべてパソコンで記入しプリントして提出しなければならないので紙代やインク代が必要など、こまごました費用も必要となってきます。

認定看護師の資格取得に興味があるのであれば、事前にどれくらい費用が掛かるのか、勤務している病院は給料をいくらもらうことができるのか、研修場所が近くにない場合の宿泊先についてなど、しっかり調べておきましょう。

また、看護師の免許は一度取得してしまえば更新の必要はありません。しかし、認定看護師の資格は5年毎に更新する必要があります。この更新の際、約5万円が必要となりますので、このことも覚えておきましょう。

【資格取得のための支援が充実している病院への転職を検討】

認定看護師の資格を取得するためには、非常にお金がかかります。勤務している病院が、認定看護師の資格取得に協力的で、給料の支給や研修費用の負担などの支援があればいいですが、何も支援がなく、研修期間中は「休職扱い」となる場合もあるのです。もし、休職扱いとなってしまうと、収入がなくなってしまうこともあります。

認定看護師の資格を取得するまでに勤務年数が長く、貯金がしっかりできていれば問題ありませんが、研修費用や生活費など多額の費用が必要ですので生活に困るということもあるかもしれません。資格の取得する時期を遅らせるとお金はたまるかもしれませんが、結婚や出産などのライフスタイルの変化に伴って資格取得のための研修などに参加できなくなることもあります。せっかくのチャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。

このような場合、資格取得のための支援が充実している病院に転職してみてはいかがでしょうか。

病院によっては、研修期間中も「休職使い」とならずに、給料を支給してくれるところもあります。また、研修費用の一部を支援してくれることなど、病院ごとに支援の内容は異なります。このような病院へ転職をすれば、貯金が少なくても資格の取得を行うことができるかもしれません。

しかし、資格取得のための支援を受けるためには、その病院での勤務年数や資格取得後ずっとその病院で勤務を行わなければならないなどの条件がある場合もあるので、条件面も考えて病院を探すようにしましょう。

【まとめ】

認定看護師の給料や資格手当、認定看護師の資格取得のために必要な金額などについてまとめました。資格を取得しても給料面は期待できないかもしれませんが、看護師としての大きなやりがいを感じることができます。

資格を取得するまでにとても費用がかかるので、資格取得を検討している方はしっかり貯金をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る