准看護師の給料と正看護師との違いと具体的な仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

看護師には正看護師と准看護師の二種類がありますが、最近は准看護師の資格を持っている看護師の数は減少してきています。そのため、「自分の職場には准看護師はいない」という方いるかもしれません。

正看護師と資格の内容が異なる准看護師ですが、どのような違いがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。看護師の資格の取得を考えている方はもちろん、現在看護師として勤務している方も、正看護師と准看護師の資格や給料、仕事内容などの違いについてみていきましょう。

看護師と准看護師の違い

まず、正看護師と准看護師の違いについて簡単に解説します。どのような違いがあるのか見ていきましょう。

〈正看護師〉

正看護師は、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦)に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とするものを言います。

出典:保健師助産師看護師法 第五条

正看護師の資格は国家資格で、資格を取得するためには高校を卒業後、看護専門学校あるいは看護大学・短大に通い、厚生労働省の国家試験に合格する必要があります。国家資格に合格後は、看護師の判断で患者さんに看護を提供することが可能です。しかし、業務上の責任は看護師自らが負うこととなります。

多くの病院で正看護師の採用がされていますので、就職先に困ることはほとんどありません。

〈准看護師〉

准看護師は、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦)に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とするものを言います。

出典:保健師助産師看護師法 第六条

正看護師と異なり、准看護師の資格は国家資格ではありません。また、正看護師は自分の判断で看護を行うことができますが、准看護師は自分の判断で患者さんに看護を提供することができないのです。保健師助産師看護師法に定められているように、医師や歯科医師、看護師の指示を受けなければなりません。業務上の責任は、指示を出した直属の上司がとることとなります。

訪問看護の場合、看護師一人で患者さんの元へ行くこととなりますので、准看護師の採用はほとんどありません。また、保育所や企業の場合、看護師の在籍は1~2名と非常に少なくなっています。准看護師だけでは看護業務を行うことができませんので、採用されない場合が多いです。准看護師の資格を持っている方の採用は、正看護師に比較すると少ないかもしれません。

正看護師と准看護師の人数

現在、多くの方が看護師として病院や施設などで活躍しています。皆さんの病院でも、たくさんの看護師が活躍しているのではないでしょうか。しかし、病院によっては准看護師がほとんど在籍せず、正看護師ばかりということもあります。では、正看護師と准看護師は、現在どれくらいいるのか見ていきましょう。

平成27年に日本看護協会が行った調査によると、平成26年に正看護師として勤務している方の総数は1,142,319人で、平成25年の正護師の数よりも38,406人増加していることが分かりました。正看護師の人数は、平成17年から年々増加しています。就業場所別にみると、最も正看護師が多く勤務している場所は病院で800,908人、次いで診療所181,594人、訪問看護ステーション46,446人となっています。

出典:日本看護協会 看護統計資料 就業者数 1ページ目

正看護師のほとんどが病院で勤務しているということが分かりますね。

同じ調査で准看護師の人数をみていきましょう。平成26年に准看護師として勤務している方の総数は364,061人で、平成25年の准看護師の人数よりも8,743人減少していることが分かりました。准看護師の人数は、平成17年から年々減少しています。就業場所別にみると、最も准看護師が多く勤務している場所は病院で148,036人、次いで診療所130,047人、介護老人保健施設22,407人となっています。

出典:日本看護協会 看護統計資料 就業者数 2ページ目

正看護師と比較すると、准看護師の人数は非常に少ないですし、正看護師は年々増加しているのに対し、准看護師は年々減少しているということが分かります。

准看護師の人数が減少している理由には、以下のようなものが考えられます。

准看護師になるための教育機関の減少

准看護師の教育機関で学び、試験に合格すると都道府県知事の免許を受けて准看護師として働くことができます。しかし、正看護師の教育機関は年々増加しているのに対し、准看護師の教育機関は減少しているのです。通いたくても准看護師の教育機関が近くにないという方もいるかもしれません。

准看護師の就職場所が正看護師と比較して少ない

現在は看護師不足が深刻化しており、どこの病院や施設でも正看護師の募集が常に行われているという状況です。しかし、准看護師の募集を行っている病院や施設は少なくなっています。看護師の募集要項を見ても、「正看護師の資格を取得していること」と正看護師しか募集していないところも多いです。

また、准看護師一人で判断し患者さんに看護を行うことはできませんので、正看護師の就業場所別の人数は訪問看護ステーションが3番目に多いのに対し、訪問看護ステーションに勤務する准看護師は3,719人しかいません。もし、将来訪問看護師として活躍したいのであれば、准看護師の資格を取得するよりも、最初から正看護師の資格を取得しておいたほうがいいと言えるでしょう。訪問看護師だけでなく、看護師の定員が少ない施設であれば准看護師への指示を行うことが難しくなりますので、必然的に正看護師しか募集できないということになるのではないでしょうか。

准看護師制度が廃止となる可能性

「准看護師制度が廃止となる」という話を耳にしたことのある方はいませんか?20年前くらいから、このような話が出ていたようですが、具体的な話は何一つ決まっていません。厚生労働省と日本看護協会は准看護師制度の廃止を推奨していますが、日本医師会が反対姿勢を崩していない為です。

しかし、いつ准看護師制度が廃止になるかはわかりません。そのため、いまから准看護師資格の取得を目指す方が少なくなるのは当然かもしれませんね。

正看護師の資格取得を促される

准看護師として病院で活躍している方の場合、病院側から正看護師の資格取得を促されることがあります。中には、授業料を全額病院が負担するから正看護師の資格を取得してほしいといわれることもあるようです。

再度学校に通って勉強し、国家資格を取得することは大変ですが、病院側がサポートしてくれるのであれば正看護師の資格を取得したいと考えるようになりますよね。

給料の低さ

准看護師の人数が減少している理由に、正看護師と准看護師の給料の差があるのではないでしょうか。准看護師の給料に関しては、次の項目でまとめます。

准看護師の仕事内容

人数が減少している准看護師ですが、どのような仕事を行っているかご存知でしょうか。身近に准看護師の方がいない場合、どのような仕事を行うのか知らない方も多いと思います。

最初にも書きましたが、正看護師と准看護師の大きな違いは「自分で判断して看護を行うことが可能か」という点です。正看護師は自分の判断で患者さんに対して看護を提供することができますが、准看護師は「医師や歯科医師、看護師の指示」がなければ看護を提供することができません。しかし、指示さえあれば正看護師と同じ仕事を行うことが可能ですので、正看護師と准看護師の仕事内容に違いがないところが多くなっているのではないでしょうか。清拭や排泄ケアなどの日常生活への援助はもちろん、採血などの医療行為も行うことができます。

ほとんどの場合が同じような仕事を行いますが、病院によっては「准看護師はリーダー業務や主任代行業務を行うことはできない」「夜勤で准看護師一人にならないように、休憩時間に工夫が必要」など、保健師助産師看護師法に忠実に基づいて規則が定められているところもあります。しかし、ほとんどの場合が、准看護師も自分の判断で看護師としての仕事を行っており、正看護師と准看護師の仕事内容に差が全くないことが多いです。

准看護師は、正看護師に対して指導を行うことができないとされています。そのため、主任や師長などの管理職になることや、新人看護師のプリセプターになることはできません。指導を行うことができませんので、正看護師よりも出生に関する制限が大きく、給与や待遇に差がつくこととなります。出世を望む方や教育を行いたいと考えている方は、准看護師よりも正看護師を目指すようにしたほうがいいでしょう。

准看護師の給料

一般的に看護師の給料は高いといわれています。日本看護協会が行った調査によると、フルタイム勤務の正規職員の正看護師について、非管理職の2013年1月支給分の賃金額の平均は、給与月総額35万2.157円、基本給月額25万4,583円(平均年齢36.1歳)であったということが分かりました。中間管理職(主任以上)では、給与月総額43万1,338円、基本給月額32万2,786円(平均年齢46.5歳)であり、管理職(副看護部長以上)では、給与月総額49万4,933円、基本給月総額37万983円(平均年齢53.7歳)ということもわかりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 8ページ目

一方、准看護師2013年1月支給分の賃金額の平均は、給与総月額29万6,319円、基本給月額21万1,819円ということが分かりました。

出典:2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書 8ページ目

給与総月額を見ると、正看護師と准看護師で1か月あたり約55,000円の差があるということが分かりますよね。1年間で換算すると約67万円もの差となります。基本給だけで約43,000円の差があります。もし、ボーナスの支給額が1年で基本給の4か月分となっている場合、正看護師と准看護師では約17万円の差があるのです。給料とボーナスを合わせると、正看護師と准看護師では年収が約84万円も差ができてしまいます。

ほとんど同じ仕事を行っているのに、持っている資格が違うだけでこれだけの差が出てしまうのですね。私の勤務していた病院では、毎月の給料に加えて資格手当というものがありました。正看護師の資格を持っていれば毎月2万円もらえますが、准看護師の資格だと毎月1万円でした。このように、正看護師と准看護師では給料以外にも、手当で差が出ることもあるのではないでしょうか。

准看護師が正看護師になるには

同じ仕事をしているのに、正看護師と准看護師とでは給料が大きく違いますので、准看護師の資格を取得してから正看護師の資格を取得する方も少なくありません。准看護師から正看護師になるには、どのような方法があるのでしょうか。どんな学校を出れば、正看護師の国家試験を受験できるのか見ていきましょう。
※中卒で准看護師となった場合、准看護師としての実務経験が3年以上必要となりますので注意してくださいね。

全日制の学校に2年間通う

この方法をとる人が最も多いのではないでしょうか。最短で正看護師になることができるのです。一般的な専門学校生のように、平日は朝から夕方まで学校に通いますが、1年生の時に座学を1年間行い、2年生では病院実習を行います。しかし、平日すべてが授業ですので、学校に通いながら働くということは非常に難しいです。働くとしてもアルバイト程度ですので、金銭的に余裕がなければ通うことは難しいでしょう。

私の友人は、全日制の学校に2年間通いながら、土曜日から日曜日にかけて夜勤専従看護師として勤務していました。

夜間の定時制の学校に3年間通う

座学を2年間、実習を1年間行いますが、座学はすべて夜間に行われます。そのため、日中は病院で勤務しながら学校に通うことが可能です。病院に勤務しながら通うことができますので、金銭的に余裕がなくても学校に通うことができます。しかし、実習は日勤帯に行われるため、3年目は勤務しながら実習を行うことは難しいでしょう。

昼間の定時制の学校に3年間通う

座学を2年間、実習を1年間行いますが、授業時間は午前か午後のどちらかが設定されています。そのため、学校に通いながら日勤をこなすということはできません。しかし、夜勤専従やアルバイトなら勤務することができます。

週3回定時制の学校に3年間通う

週3回、決められた日に学校へ行き、座学を2年間、実習を1年間行います。学校以外の日が土日に加え平日に2日間ありますので、職場の協力が得られると日勤も夜勤も行いながら勤務することが可能です。

通信制の学校に2年間通う

通信制の場合、座学1年、実習を1年行いますが、自宅で自分の空いている時間に学習することが可能です。実習も従来の臨地実習ではなく、紙上事例演習(看護計画のレポート)と病院見学実習(見学のみ)、面接授業を行います。病院見学実習と面接授業以外はすべて通信学習で行われますし、2年で正看護師になることができますのでいいですよね。

しかし、通信制の学校に通うことができるのは、准看護師としての経験が10年以上あることが条件です。2018年4月の入学者からは、准看護師としての建研が7年以上に変更されますが、厳しい条件ですよね。

まとめ

准看護師について、正看護師との違いや仕事内容、給料、正看護師になる方法などについて紹介しました。准看護師と正看護師の仕事内容に大きな違いはありませんが、給料は大きく違います。今から准看護師を目指そうと考えている方は、正看護師を目指してみてはいかがでしょうか。

正看護師になるための教育機関は、徐々に減少してきています。現在准看護師の資格を持っている方で「いつかは正看護師になりたい」と考えている方は、早めに正看護師になるための学校に通ったほうがいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る